うわっ、こ、こいつか!
本当に劇画タッチだなあ。(K .S




カニハゼは久しぶりに撮った。
一時は我が家の水槽でも楽しませてくれた大好きなハゼ。
動きがまた何ともかわいい。




これはチビちゃん。
あんまり変わらないって?
もっとちっちゃいのもいたがすばしっこくて撮れなかった。




テンスもあちこちにいたが、チラっと一瞥をくれただけで
瞬時に砂の中に隠れてしまった。(K .S




このツマジロオコゼのチビちゃんは極小でヒラヒラしていて
撮りにくかった(K .S




一見フタイロカエルウオだが、白いラインがあり、一体なんだろう?
警戒色、婚姻色でこういうラインが出るのだろうか?(K .S




水槽みたいに狭苦しいところでないのはいいだろうけど
危険が一杯。
どちらがいいのだろう。(K .S




イロブダイの子供のこのステージはあまり見ない。
小さいときはとても鮮やかできれいだが、だんだんきれいでなくなってくる。




だからといって、上のがこういう風になるとは想像もできないものだ。(K .S




コクテンフグ。
私はドロボウフグと呼んでいる。
しかし、その泥棒のイメージはいったいどれくらい昔のことだろう。(K .S




ケショウフグ。
フグは好きだ。




イシガキフグがいた。
ヒトヅラハリセンボンと比べ個体数は圧倒的に少ない。




ソウシハギも見ると必ず撮りたくなる大好きな魚。
基本的に蛍光ブルーが入っていると無条件に好きなようだ(自己分析)




アミチョウチョウウオ。
黄色が鮮やか。




きれいなイソギンチャクで水中でも目立った。




ウミウサギ貝がペアでいた。
ビーチからエントリーして、まだリーフ内にいるときに見かけた。
ここのハウスリーフは波が穏やかなときに浅場をじっくり探すと
面白いかもしれない。




セジロクマノミ。
もう少し粘ればもっといいのが撮れたと思うが。




よくこのサンゴの上でじっとしていた。
デバスズメ達に囲まれて気分がいいのだろうか。




ニシキエビだかゴシキエビだかの子供。
ムラサキがとてもきれい。